今や印鑑はどこにでもある100円ショップなどでも買えます。

今や印鑑はどこにでもある100円ショップなどでも買えます。

こったものじゃなくて良いなら、100円ショップの印鑑でも充分なのではと個人的には思っています。しかし、残念ながら私の名字はポピュラーではないようで、100円店みないな所では手に入りません。

それどころか、文具店や印鑑屋にも置いてないので、注文して購入するしかないのです。パソコンが普及した今は、ネットで印鑑が手軽に注文できるようにな家の近くの印鑑屋さんで必要な時に印鑑を購入していたのですが、このところ思ったよりも簡単なのでネットを利用して印鑑を注文するようになりました。
ネットはたくさんの印鑑が見ることができるので印鑑屋さんに行って検討するよりもこんなのが欲しかっ立という印鑑を探しだせるのです。持ちろん注文通りに苗字や名前を入れてくれるので問題なくネットでハンコが買えるんです。
時間を作って印鑑屋さんに行く手間もかからないですし、はんこがほしい時はインターネットで購入するようになりました。

店がちがうと値段のちがいがでてくるだけでなくセットものを取り扱っていたり、すべて職人さんの手彫りか機械彫りなのかを選択したりと決めることがたくさんありました。

当然職人さんの手彫りは値段がはね上がります。

最高級と言われている象牙を使い手彫りにしたら高めの値段になります。私としては黒水牛あたりが丈夫でくっきりとした印影でお値段も手頃なのではないかと思います。そろそろ身を固めようとした時に母が、下の名前が彫られたはんこを贈り物としてくれました。

白い象牙と言う物でできたもので、高価なものだったのだろうと思います。
銀行の届出印として使用していますが、使うたびに生前の母の事を思い出します。子を持つ親となってから、名前は親からの最初の贈り物なんだなアトいう考えを持つようになり、ますますその印鑑をい通しく思わずにはいられません。

娘が大聴くなったら、母がしてくれたように私も印鑑をプレゼントするつもりです。

印鑑というのは長持ちするので、好みにあったものを使いたいですよね。
女性に人気なのが和柄、花柄などかわいい印象のはんこです。かわいいと大切に使おうと思います。和柄にはさまざまあって赤い金魚だったり、ピンクのウサギなど様々です。

おしゃれなネイルアートのような光るものがついている印鑑もあります。

膨らみのあるラインストーンがついているデザインの印鑑です。スワロフスキーをつけた印鑑は、一見派手そうでシックな大人の雰囲気もあります。

こんな印象のかわいいはんこはちょっとしたプレゼントとしても人気です。

次に印鑑を作る時は、イラストが入っている印鑑を選ぼうと思います。
各種の動物等が描かれていて、人とは違ったハンコを作ってくれるショップがあるんですよね。

表情も喜怒哀楽いろいろあって、その人にあったものが創れそう。

実印としては使えないけど、認印なら使っても大丈夫です。銀行で使う勇気はありませんが、会社で使うなら同僚などとコミュニケーションがとれそうですよね。単調な事務作業も楽しくなりそう。わりと安く買えるので、何個か注文したいと思っています。実印がほしいとインターネットで発注した時に、銀行印も合わせて買うと安くなるということでした。

今までの銀行印は家にあったもので何も思わず使っていて、心のどこかで考えていたので、ぴったりいい機会だと思って作ることにしました。新しい印鑑を作るので、一般的な文字のタテ彫りにはしないで、ヨコ彫りにしてみました。書体は吉相体という文字にしました。やはり、アタリをつけませんでした。

持ちやすいし、少し大きめの12mmにしました。印材を何にするかによって値段は違ってくるのですが、ポピュラーなのは約5千円~1万円の値段が売れ筋と言えるでしょう。

やはり大切な実印には、このぐらいの値段のものを購入するのが一般的と言えるのでしょう。きちんとした実印をハンコのおみせに行って注文しようかと思ったのですが、インターネットで値段を見てみると驚くほど安い値段でした。
偽造しにくい手彫りもあって安心だと思い頼むことにしました。

身内の就職のお祝いに実印を選ぶことにしました。ネットを使って実印の価格や種類についてをしらべてみました。印鑑というのはさまざまと選ばなければならないことに驚きました。

たくさんの材質があり、象牙やチタン、黒水牛など、書体には、何種類かあって篆書体や、隷書体、古印体などありました。

印材のちがいについて書体はどれが良いかをしらべて良い実印を選ぶことができました。今まで使用していた印鑑の一部のふちが割れてしまったので、造りなおして新しくしました。

かけている印鑑は良くないという話を人から聞いたんです。新しい印鑑は苗字ではなく名前を使って造りました。個人的に自分の名前の漢字が好きだからです。銀行印など、変更するのに面倒なこともありましたが、いい機会なので必要ない口座などを解約して、気になっていたことをすっきり指せることができました。

ついでに使用してないクレジットカードも解約したので、新しい印鑑を作ったおかげで日頃できていなかったことができました。

続きはこちら>>>>>銀行印サイズ男性に最適な大きさは?